姫路駅前で鍼灸(針灸)・接骨施術を完全予約制で提供している成和鍼灸接骨院(成和東洋治療院)

舌診

舌診

舌診(ぜっしん)とは、人体の気血の盛衰、病邪の性質、病位の深さ、病状の進展状態、内臓の虚実の観察をする診断法のことです。

舌診についての詳しい内容は、針灸舌診アトラス(共著)にて記述しております。

舌診寒熱表 (ぜっしんかんねつひょう)

zetsu

写真中央が正常舌(健康舌)です。

左側の舌は(かん:体の冷え)を表しています。

右側の舌は(ねつ:陰液不足)を表しています。

どのような症状でも、正常舌となって初めて健康と言えます。

舌診症例 (ぜっしんしょうれい)

症例1:躁うつ病(紅舌黄辺黒膩苔)

before1
初診(8月28日)
首から肩のこり、腰痛(腰~下腿後側の疼痛),頭痛,不眠。

鍼灸治療 9回後

after1
(9月19日)
黄黒膩苔・症状共に改善。

 

症例2:喘息(淡白舌白膩苔)

before2
初診(11月14日)
喘息・11年前より咳がよく出る。最近咳が激しく喘息発作がおこる。

鍼灸治療 7回後

after2
(12月3日)
喘息発作なく息切れ,動悸も改善。

 

症例3:胃腸の弱り(焦黄苔)

before3
初診(12月4日)
胃腸虚弱,食欲不振,泄瀉(下痢)、倦怠感。

鍼灸治療 18回後

after3
(3月9日)
舌苔の黄苔,症状共に改善。

 

症例4:十二指腸潰瘍(淡絳舌黄粘膩苔・舌中~舌根無苔)

before4
初診(2月21日)
十二指腸潰瘍、後頸部から肩背部のこり,手の痺れ。

鍼灸治療 27回後

after4
(5月20日)
舌苔,症状共に改善。

 

姫路で鍼灸治療のお問い合わせ TEL (079)288-2192 月〜土:9:40〜18:20 ※水曜日は11:30まで

PAGETOP
Copyright © 成和鍼灸接骨院(成和東洋治療院) All Rights Reserved.